30年耐久のコーキング材!オートンイクシード|千葉で外壁塗装なら【株式会社雅】屋根塗装、防水工事、雨漏り修理他

高耐久塗料を利用する際は 30年耐久のコーキング材!オートンイクシード

どんなによい塗料を使っても、コーキング材(シーリング材)が普通のものを使っていては、本当の高耐久な塗装工事はできません。
当社では、高耐久塗料を利用する際は、オートン化学のオートンイクシード(もしくは、オートンサイディングシーラント)をご提案しております。
オートンイクシードは、メーカーが30年耐久というほど、高耐久のもので、確かに施工時に使用してみても納得の性能です。
塗装で耐久性の長い塗料をお選びの際には、ぜひご検討ください。

劣化したコーキングの例

  • 痩せてひび割れた状態

  • 硬化して剥がれ落ちた例

  • 汚れで黒ずんだ状態

通常のコーキング材との違い!

一般的なコーキング材

コーキング材にも、シリコンやウレタンなどの種類があります。一般的なものは10年を超えてくると、コーキングが硬化して、ひび割れしたり、細くなって隙間ができたりします。

オートンイクシード

オートンイクシードは、「ネオウレタン」という可塑剤を全く含まないコーキング材です。柔らかく、長期間、ひび割れもしないため、長期間防水機能をもち、雨漏りからお住まいを守ります。

一般的なコーキング材は、耐用年数はおよそ10年前後です。お見積りに伺うと、コーキングの箇所が黒ずんでいたり、直射日光の当たる南側の外壁では、コーキング材がひび割れたり痩せたりしているのをよく見ます。
コーキング材に含まれる「可塑剤」は、いわばオイルのようなもので、コーキング材の柔らかさは、可塑剤によるものです。
しかし、この可塑剤が劣化とともに、にじみ出てきて、汚れが付けば黒ずみますし、オイルが抜けると、コーキング材はカサカサになる、というからくりなのです。

コーキング打ち直しの例

コーキング材にも、シリコンやウレタンなどの種類があります。一般的なものは10年を超えてくると、コーキングが硬化して、ひび割れしたり、細くなって隙間ができたりします。

オートンイクシードは、「ネオウレタン」という可塑剤を全く含まないコーキング材です。柔らかく、長期間、ひび割れもしないため、長期間防水機能をもち、雨漏りからお住まいを守ります。

雅では、施工後5年以上経過していたら、コーキングはすべて打ち直しを基本にしています。中には、『打ち増し』といって、既存の古いコーキング材の上に、新たにコーキング材を打つ方法もありますが、耐久性を考えると、打ち増しよりも打ち直しのほうをおススメしています。

コーキングは先打ち?後打ち?

コーキング材を塗装する前に打つのを先打ち、塗装した後に打つのを後打ち、といいます。
先打ちは、コーキングの上に塗料が乗るため、コーキングそのものが長持ちするメリットがありますが、柔らかいコーキングの上に塗膜が乗るので、ひび割れて見栄えが悪くなるデメリットもあります。
逆に、後打ちは、ひび割れのリスクはありませんが、日光にさらされるため、汚れが付きやすく、劣化速度がはやくなるデメリットがあります。
しかし、オートンイクシードを使うことで、後打ちでも十分な耐久性を維持でき、汚れにも強いため、後打ちをオススメしています。

千葉の外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り修理なら【株式会社雅】TOPに戻る