【プロが教える!】外壁の色の決め方と注意点とは|千葉で外壁塗装なら【株式会社雅】屋根塗装、防水工事、雨漏り修理他

トピックス 【プロが教える!】外壁の色の決め方と注意点とは

2022.05.08 ブログ


外壁塗装を行うときに迷ってしまうのが
「どんな色で塗るべきか?」ということがあると思います。

「できるだけ希望の色にちかづけたい」
「塗ってから後悔したくない」

これがお客様の本音だと思います。

そこでこの動画では外壁塗装で後悔しない色の決め方について
紹介しています。こちらの動画を視聴していただければ
色決めの参考になると思いますので、ぜひご覧なってみてください。

 

 

色の決め方① 汚れの目立ちやすさ

塗装する色によっては、汚れの目立ちやすさが変わってきます。
たとえば黒色や白色はほこりなどが目立ちやすく建物の景観を損ねてしまいます。

 

過去には黒色の塗料で外壁塗装を行い汚れの目立ちやすさに後悔したというお客様もいらっしゃいます。

一度、周囲の一軒家や店舗、マンションなどの外壁を ぜひご覧ください。 意外と純粋な黒色や白色を使っている建物は少ないと思います。

また、周囲の建物を見て回るというのは大きな意味がありまして、周囲の色合いを参考にして塗装する色を決める事もできると思います。

 

色の決め方② 色の色相

外壁塗装に使用する色は、色相に注目することをオススメします。 極端な例ではありますが、屋根が赤系統の色に対し外壁を青系統で塗装してしまうと、調和がとれず落ち着かない印象を 与えてしまいます。

外壁塗装を行う場合は、屋根の色や扉の色と調和のとれた色を選んでみてはいかがでしょうか。 人気なのは薄いベージュやブラウン、グレーなどの落ち着いた色がよく選ばれます。

周囲の建物にも馴染みやすく、景観を損ねることもないのが理由となっているみたいです。


色決めの流れ

まずご希望の配色などありましたら ご自宅の写真を使いカラーシミュレーションなどでイメージしやすいものを何点かお作りします。

 

そちらからお気に入りの配色がございましたらそちらのカラーサンプル板(A4 サイズ)を ご用意いたしますので、晴れた日に 外壁の日なたや日かげなどで合わしながら色の彩度・明度を調整し、より理想に近い 外壁塗装ができるよう雅では全力でお手伝いいたします。

悩みながらではなく是非楽しみながら お色選びをなさってみてください。 その他ご相談等ございましたらお気軽にお申し付けください。

千葉の外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り修理なら【株式会社雅】TOPに戻る