外壁塗装と一緒に行いたい工事(part2)-屋根塗装①                  【千葉市若葉区外壁塗装・株式会社雅】|千葉で外壁塗装なら【株式会社雅】屋根塗装、防水工事、雨漏り修理他

トピックス 外壁塗装と一緒に行いたい工事(part2)-屋根塗装①                  【千葉市若葉区外壁塗装・株式会社雅】

2021.10.07 ブログ

外壁塗装と一緒に行いたい工事(part2)-屋根塗装①

【千葉市若葉区外壁塗装・株式会社雅】

 

 

 

前回の記事では、

「外壁塗装と一緒に行いたい工事(part1)」

として、

ついでにやっておくと長期的な視点で見た時に

お得な工事をご紹介しました。

 

 

今回の記事では、

「外壁塗装と一緒に行いたい工事(part2)-屋根塗装①」

として、

外壁塗装と一緒に行いたい工事の中でも

優先順位の高い屋根塗装について、

深掘りしてご説明して参りたいと思います。

 

 

 

屋根の傷みは、劣化が進みますと、

雨漏りが起こったり、

躯体部(柱や梁などの建物を支える重要な部分)の

腐食が生じたりするなど、

建物に甚大な被害をもたらすものです。

 

そうであるにも関わらず、

外壁とは異なり、

普段の生活では最もチェックの目が届きにくい部分です。

 

そのため、外壁の劣化が気になりだしたら、

同時に屋根の劣化も確認することをお勧めします。

 

それでは、屋根塗装についての

基本的な知識を見ていきましょう!

 

 

 

外壁と屋根は、

基本的には同じ外部環境にさらされていますので、

同じくらいのペースで劣化していくと考えてよいでしょう。

 

そのため、外壁塗装は10年くらい経ちますと

塗料の機能が低下しますが、

屋根も10年くらいで塗料の機能が低下し、

塗り直しが必要になります。

 

外壁塗装を検討する時には、

同時に、屋根塗装の必要性も

考慮に入れておきたいですね。

 

 

 

ただし、屋根の方が

雨風や紫外線によるダメージを受けやすく、

外壁よりも劣化している場合もありますので、

外壁の劣化状況よりも注意が必要だったりします。

 

とはいえ、屋根の傷み具合は、

日常生活ではほとんど目につかないため、

個人では確認しづらいですし

(自分で屋根の上に登る経験をされる方は

ほとんどいらっしゃらないと思います)、

安易に屋根に上ると事故の原因となることも多いため、

プロの塗装職人に依頼して見てもらうのが安全です。

 

 

プロの塗装職人に屋根の診断を依頼しますと、

屋根の傷み具合をドローンで空撮したものを

確認することができます。

 

これにより、職人の安全を確保しつつ、

ある程度、状態を把握することができます。

 

ただし、屋根の傷み具合の細かな部分については、

やはり、職人が屋根に上って直接確認するといった

丁寧な現地調査をする必要がありますね。

 

 

 

ここで、屋根についての基礎知識を身につけるために、

屋根の種類について知っておきましょう。

 

屋根材で広く使われているのは、

スレート、瓦、ガルバリウム鋼板の3タイプになります。

 

 

〇 スレート

 

薄いセメント製の長方形の屋根材です。

安価で軽いのが特徴になります。

 

耐用年数  ;25年から30

メンテナンス;10年間隔

葺き替え費用;100万円から150万円

 

 

〇 瓦

粘度系かセメント系の焼き物の屋根材です。

スレートより高価ですが、耐久性があるのが特徴です。

 

粘度系の瓦は、基本的には塗装不要なのですが、

漆喰によるメンテナンスは必要になります。

 

耐用年数  ;20年から60

メンテナンス;25年間隔

葺き替え費用;100万円から240万円

 

 

〇 ガルバリウム鋼板

金属屋根の中でも高い注目度の屋根材です。

サビ対策のメッキで表面を加工したものになります。

スレートより耐久性あって、

その上、スレート・瓦より軽いのが特徴です。

 

耐用年数  ;15年から50

メンテナンス;20年間隔

葺き替え費用;100万円から150万円

 

 

以上の3つのタイプが

よく使われている屋根材になります。

 

 

 

ただし、誤解しがちな注意点としましては、

屋根材そのものの耐用年数よりも

塗料の耐用年数は短いことです。

 

例えば、スレート屋根の耐用年数は

25年から30年くらいですが、

スレート屋根に塗ってある塗料の方は

10年くらいで機能が低下します。
(塗料の種類にもよりますが、耐用年数は10年ほど)

 

そのため、屋根材の耐用年数に合わせて

建物の修繕計画を立てるのではなく、

塗料の耐用年数に合わせた修繕計画が必要になります。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

屋根塗装については、

さらにご説明しておきたいことがありますので、

次回の記事でも続きのお話をして参りたいと思います。

 

 

 

 

 

千葉市若葉区の外壁・屋根塗装専門店【株式会社雅】は、

お客様が今のお住まいに安心して長く住み続けられるように、

丁寧なヒアリングや綿密な現地調査に始まり、

着工後には、高圧洗浄やコーキング工事といった下地処理の段階から

プロの塗装職人による丁寧で繊細な外壁・屋根塗装工事を行って参ります。

 

また、足場組立て前のご近隣へのご挨拶回りも、

お客様任せにせず、雅の女性スタッフが幅広く丁寧に行って参ります。

 

「丁寧な説明から始まって、

職人さんが繊細な仕事ぶりでやってくれた。

雅さんに頼んで本当に良かった。」

 

「これでまた安心して長く住み続けられます。」

 

「外壁・屋根塗装だけでなく、

キッチンや水回りの大工仕事までやってくれた」

 

「ご近所さんからの評判も上々で嬉しい。」

 

と言って頂けるように、

 

 

株式会社雅は、

「お客様の大切なお住まいを塗装でお守りします。」

 

 

 

お問い合わせはこちら↓

https://tosou-miyabi.com/contact/

 

 

 

 

 

 

<参考文献>
(1)外壁塗装の苦情・トラブルの種類や件数の推移が分かる統計資料
 公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターwebサイト

  「住まいるダイヤル」 

  https://www.chord.or.jp/

 

 ②「大規模修繕工事新聞」webサイト

  https://daikibo.jp.net/archives/11910

 

 

(2) 久保信也著「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」

  (幻冬舎、2021年)

 

 

(3)池田聡著「リフォームで一番大切な外壁塗装で失敗しない方法」

  (クロスメディア・パブリッシング、2021年)

 

 

 

 

【公式HP
https://www.tosou-miyabi.com/

 

 

 

【各種SNS
▶︎Twitter
https://twitter.com/o53mfKvfmBOuITM

 

▶︎YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCOxsucbuh1VEdVyWrHeeong

 

 

▶︎Instagram
https://www.instagram.com/miyabi_toso

 

千葉の外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り修理なら【株式会社雅】TOPに戻る