外壁塗装と一緒に行いたい工事(part3)-屋根塗装②                         【千葉市若葉区外壁塗装・株式会社雅】|千葉で外壁塗装なら【株式会社雅】屋根塗装、防水工事、雨漏り修理他

トピックス 外壁塗装と一緒に行いたい工事(part3)-屋根塗装②                         【千葉市若葉区外壁塗装・株式会社雅】

2021.10.09 ブログ

外壁塗装と一緒に行いたい工事(part3)-屋根塗装②

【千葉市若葉区外壁塗装・株式会社雅】

 

 

 

前回の記事では、

「外壁塗装と一緒に行いたい工事(part2)-屋根塗装①」

として、

長期的な視点で見た時に、

ついでにやっておくとお得な工事の中でも、

重要な屋根工事をご紹介しました。

 

 

今回の記事でも、

「外壁塗装と一緒に行いたい工事(part3

-屋根塗装②」

として、

引き続き、屋根塗装について、

深掘りしてご説明して参りたいと思います。

 

 

 

外壁塗装を行う場合、

足場を組んでから下地処理や塗装作業を

進めていきます。

この際に、同じ足場を使って屋根の状態を点検し、

補修箇所があれば、そこを補修して、

その上で下地処理→屋根塗装工事をすることで、

効率が良くなりますし、費用も安く抑えられます。

 

したがって、外壁塗装工事を行う場合には、

そのついでに屋根の補修工事と塗装工事を

一緒にやってしまうことをお勧めします。

 

 

 

ただし、屋根塗装の場合に注意したいのは、

塗装できない屋根があることです。

 

そのままの状態では塗装できない

屋根の主なケースは、

 

・ 雨漏りしている場合

・ 屋根材に問題がある場合

・ 以前の屋根工事に問題がある場合

 

といったものが挙げられます。

 

 

この3つのケースについて、

以下で詳しくご説明して参ります。

 

 

 

〇 雨漏りしていたり、

雨漏りしそうな箇所があるため塗れない場合

 

雨漏りの箇所がある場合は、

屋根材自体の修理工事をしてからでないと

塗装できません。

 

屋根材の修理工事をせずに塗装工事だけをすると、

雨漏りが治らず、

躯体の腐食が進行する場合もあるからです。

 

根本的な雨漏りの原因を

特定し、その部分を修理せずに、

上辺だけを塗装したところで、

何ら解決にはならないわけですね。

 

塗装工事は屋根材の修理も含めた

下地処理をしっかりと行うことから

始めるべきなのです。

 

下地処理をしっかりと行わずに塗装しても、

塗料の機能が上手く発揮できないため、

お住まいを長持ちさせることができませんから。

 

 

つまり、

屋根塗装で屋根を表面的に綺麗にしても、

雨漏り自体が治るわけではなく、

屋根塗装は

既に発生している雨漏りを

直すものではないのです。

 

したがって、まずは、

屋根の雨漏りしている箇所を特定して、修理し、

その上で、屋根材を塗装するという順序で

進めていくようにしましょう。

 

 

 

〇 屋根材自体が劣化しているため塗れない場合

 

屋根材として広く使われているスレートは、

25年から30年くらいが寿命と言われています。

 

しかし、スレートの主な材料であるセメントは、

防水性が低いという弱点があります。

スレートの表面の塗装が経年劣化して

雨水などが浸み込みやすくなっていきますと、

その下のスレート自体の防水機能が

低下していくことになります。

 

 

スレートの痛み方は、

家ごとに外部環境が異なるため、

11軒違いますが、

雨や雪が多い地域の家や、

台風被害にあった家などでは、

スレートの劣化が進み、

細かなひびが入っていることもあります。

 

経年劣化のため、

細かなひびが入った状態のスレートを塗り直しても、

ひび割れが治るわけではないことに注意が必要です。

 

 

 

また、スレートは、

前後左右に板を並べて敷き詰めるので、

雨風・台風などの外部環境により、

重なり合っている部分の隙間が開いたり、

スレートの下の下地材が痛むことがあります。

 

この状態で塗装すると、

表面的にはきれいになりますが、

屋根全体の劣化は治りません。

隙間や傷んでいる下地材から

雨漏りしてしまう可能性が大きくなります。

 

 

 

さらに、スレート屋根の中でも、

薄い屋根材を何層にも重ねて作っているタイプのものが

劣化してしまった場合には、

雨風によって傷みやすい表面側から

薄い屋根材の層が剥がれていきます。

 

塗装する屋根材の表面が剥がれれば

塗料の機能は見込めなくなってしまいます。

 

仮に塗装したとしましても、

再び表面が剥がれてきてしまい、

塗装した意味がなくなってしまうのです。

 

 

 

〇 過去の不良工事のせいで塗れなくなる場合

 

例えば、屋根材のひび割れた部分や

雨漏りの原因箇所全てにコーキングしてしまったような、

過去の不良工事が原因のケースがあります。

 

コーキングというのは、

防水性を高めるために

部材と部材の隙間を埋めるための

ゴム状の充填剤のことをいいます。

 

確かに、塗装工事を行う際の

重要な下地処理の一つとして、

コーキング工事を行うのは

必須のプロセスと言ってもよいでしょう。

 

しかし、隙間という隙間を

むやみやたらにコーキングで

ふさいでしまえばよいものでもありません。

 

むやみにコーキングすることによって、

かえって、雨水の流れが悪くなったり

排水不良で下地を傷めることもあるからです。

 

また、むやみやたらのコーキングのせいで、

屋根の一部が密閉状態になり、

外気と室内の温度差によって結露が生じて、

躯体(柱や梁などの建物を支える重要な部分)を

内側から傷めてしまうこともあるのです。

そして、排水や結露によって

屋根材の傷みが進行してしまっている場合には、

塗装工事に入る前に下地から交換しなければなりません。

 

屋根材のひび割れには

専用の補修材がありますし、

何より、屋根塗装では、

基本的にコーキングは不要です。

 

 

 

「屋根が劣化しているかもしれない」

「前回の工事が不安」と思う場合には、

プロの塗装職人に現地調査を依頼し、

屋根材の種類や劣化状態を見てもらいましょう。

 

その際、屋根材の種類は、

建築時の図面を見たり、

家を建ててもらったメーカーに問い合わせて

確認したりして、

塗装職人に情報提供して頂けますと、

お話が早く進みます。

 

 

 

以上、「外壁塗装と一緒に行いたい工事part3」として、

屋根の中でも、

そのままでは塗装できないもののタイプについて

ご説明してきました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

それでは、そのままでは塗装できないもののタイプの屋根は

どうしたらよいのでしょうか?

この点について、

もう少しだけご説明しておきたいことが

ありますので、

 

次回の記事でも引き続き、

屋根塗装についてとりあげたい

と思います。

 

 

 

 

 

千葉市若葉区の外壁・屋根塗装専門店【株式会社雅】は、

お客様が今のお住まいに安心して長く住み続けられるように、

丁寧なヒアリングや綿密な現地調査に始まり、

着工後には、高圧洗浄やコーキング工事といった下地処理の段階から

プロの塗装職人による丁寧で繊細な外壁・屋根塗装工事を行って参ります。

 

また、足場組立て前のご近隣へのご挨拶回りも、

お客様任せにせず、雅の女性スタッフが幅広く丁寧に行って参ります。

 

「丁寧な説明から始まって、

職人さんが繊細な仕事ぶりでやってくれた。

雅さんに頼んで本当に良かった。」

 

「これでまた安心して長く住み続けられます。」

 

「外壁・屋根塗装だけでなく、

キッチンや水回りの大工仕事までやってくれた」

 

「ご近所さんからの評判も上々で嬉しい。」

 

と言って頂けるように、

 

 

株式会社雅は、

「お客様の大切なお住まいを塗装でお守りします。」

 

 

 

お問い合わせはこちら↓

https://tosou-miyabi.com/contact/

 

 

 

 

 

 

<参考文献>
(1)外壁塗装の苦情・トラブルの種類や件数の推移が分かる統計資料
 公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターwebサイト

  「住まいるダイヤル」 

  https://www.chord.or.jp/

 

 ②「大規模修繕工事新聞」webサイト

  https://daikibo.jp.net/archives/11910

 

 

(2) 久保信也著「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」

  (幻冬舎、2021年)

 

 

(3)池田聡著「リフォームで一番大切な外壁塗装で失敗しない方法」

  (クロスメディア・パブリッシング、2021年)

 

 

 

 

【公式HP
https://www.tosou-miyabi.com/

 

 

 

【各種SNS
▶︎Twitter
https://twitter.com/o53mfKvfmBOuITM

 

▶︎YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCOxsucbuh1VEdVyWrHeeong

 

 

▶︎Instagram
https://www.instagram.com/miyabi_toso

 

千葉の外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り修理なら【株式会社雅】TOPに戻る