樹脂サイディングのよくあるトラブルと修繕方法|千葉で外壁塗装なら【株式会社雅】屋根塗装、防水工事、雨漏り修理他

トピックス 樹脂サイディングのよくあるトラブルと修繕方法

2021.03.31 ブログ

樹脂サイディングってご存知ですか?

現在日本で流通しているサイディングは、窯業系・金属系・樹脂系・木製の4種類です。
窯業系の普及率が圧倒的で、単純に「サイディング」と書かれている場合は窯業系を指します。

樹脂サイディングは北米ではメジャーな壁材です。日本における普及率は1%程度ですが、凍害・塩害に強いことから、北海道や東北では採用されることも多いようです。

高性能な樹脂サイディング

素材自体の耐久性も非常に高く、最長30年の保証が付いている製品もあります。

原料は塩化ビニル樹脂ですので、軽量で耐震性が高く、吸水性が低いため凍結して割れてしまうとこともありません。また、塩害にも強く、防火性があります

樹脂サイディングのメンテナンスと修繕方法

樹脂サイディングは原料に顔料を混ぜ込むため、色褪せがありません。また、コーキング(シーリング)を使用しない(オープンジョイント工法/壁材を重ね合わせる施工方法)ため、通常10年周期で必要な外壁のメンテナンスが必要ありません。

汚れも雨で落ちてしまうことが多いですが、雨が掛からない部分は水で洗っていただけます。

また、万一破損した場合には、部分交換が可能です。

樹脂サイディングのデメリット

機能面では非常に優秀な樹脂サイディング。
バリエーションが少なく、塗装で色を変えることもできないため、デザインにこだわりのある方には少々物足りなく感じるかもしれません。

また、取り扱い経験のある業者が少なく、施工業者選びに苦労することがあるかもしれません。
雅は樹脂サイディングの施工経験も豊富ですので、メンテナンスや葺き替えについて疑問などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

千葉の外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り修理なら【株式会社雅】TOPに戻る