千葉県千葉市稲毛区 T様邸 屋根塗装・外壁塗装・防水工事 外壁の補修と下塗り 下塗り材の役割とは|千葉で外壁塗装なら【株式会社雅】屋根塗装、防水工事、雨漏り修理他

トピックス 千葉県千葉市稲毛区 T様邸 屋根塗装・外壁塗装・防水工事 外壁の補修と下塗り 下塗り材の役割とは

2021.06.09 現場日誌

千葉県千葉市稲毛区のT様邸にて、屋根塗装・外壁塗装・防水工事のご依頼をいただきました!

 

今回は、外壁の補修と下塗りの様子についてお伝えします。

 

施行前は上の写真のように、外壁が剥がれてしまっていました。

剥がれた部分の周りも脆弱になっていています。

こうなると雨水が侵入して雨漏りが起きたり、

湿った木材を好むシロアリを呼び寄せてしまいます。

早めの対処が必要な状態です。

「窯業サイディングのよくあるトラブルと修繕方法」については、こちらのページです。

 

まずは脆弱になった外壁を剥がしていきます。

その部分をしっかり判断して剥がさなければ、

無駄な部分を剥がしたり、脆弱部分が残ってしまいます。

残ったまま上から新しい塗料を塗れば、塗りたては綺麗かもしれせんが、

旧塗膜ごとボロッと剥がれ、また工事という事になりかねません。

 

プライマーを塗布し・・・

 

補修箇所周りを養生し、パテで補修しました。

外壁の劣化補修が終わったら、塗装に入ります。

まずは下塗りで、下地(外壁)と、新しい塗料の密着性を高め、

劣化した下地に仕上げ塗料が吸い込まれるのを防ぎます。

「外壁塗装について」は、こちらのページです。

 

下塗り材は主にホワイトか透明のクリアータイプです。

仕上がりイメージによって使い分けています。

 

−N−

 

千葉市・佐倉市・四街道市・八街市で、塗装工事、屋根工事のことなら、雅へお気軽にご相談ください。

千葉の外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り修理なら【株式会社雅】TOPに戻る